グラップラー刃牙を懐かしんで読み直すと強烈だった

校舎のうらには天使が埋められているは、急きょ4ご時世2分隊の面々が描かれて掛かる、ほとんど完了ムービーみたいな画からスタートします。そうして、よくある転校で見掛けるシーンが出てきて、後堂というお嬢さんが例のタイプにやってくるのです。因みにこういう娘、世の中の紳士陣が感激しそうな可愛さがあって、ふと何かと期待してしまうね。なので転校生の推薦ですが、震えてある後堂氏に手厚く声を掛けるエンゼルみたいな美少女が出てきて安心です。はからずも校舎のうらには天使が埋められているのエンゼル氏は、この子なのかななんて考えてみたりする。主人は自分の意欲を賢く公開出来ないみたいで、かなり他の教え子陣と仲良く出来ないみたいですね。ワンコという話をしてみたり講じる、少々痛い所もありますが、普通に素晴らしいお嬢さんだ。そちらへ蜂屋あいというさっきの美少女が来て、子犬と共にうれしい間隔を過ごしています。けれども、結局、学園で女子教え子陣の間でよくある騒動に巻き込まれて、エンゼルみたいなお嬢さんとの関連が怪しくなってくるわけですね。それでも、ますます強烈経験を突きつけられるのが、校舎のうらには天使が埋められているという単なる気掛かり作品だったのです。周囲の教え子陣が一律グルで、医者は自身可愛い子だと思い込んでいるとかスゴイ事になるのは目に見えています。

人生の舵取りを頑張るぞ